カードローンの契約期限間近なのに完済できない場合…

銀行カードローンの契約は一般的に一年間という場合が多いのですが、これはカードローンが利用できる期間を指しています。しかしながら、銀行カードローンは一年間という契約期限が過ぎた後に改めてカードローンの契約をし直すというシステムにはなってはおらず、よほどの事情がない限り自動的に更新されることになっています。そのため、消費者の側からローンの解約を求めたり、あるいは支払いの滞納などによって銀行側から強制的に契約を解除されるような事態にならない限り、半永久的にカードローンの利用を継続することが可能です。
そのため、カードローンの契約期限が間近なのに借入金の返済がまだ完了できないという場合であっても、契約期限が過ぎたと同時にカードローン審査甘い借入金の一括返済を銀行側から求められる心配はありません。つまり、仮に借入金の滞納などからカードローンの契約の継続を銀行側から拒否されたとしても、すでにある借入金に関しては契約期限が間近だからといってその全額を支払う必要はないのです。しかし、今後もカードローンの利用を継続したいという人の場合には注意が必要です。契約期限が迫っている時期に借入金の支払いの滞納があるような場合にはローンの仮審査に落とされてしまうケースも多く、運よく再審査に通過したとしても借入可能な額の上限を引き下げられてしまうこともあるからです。そのような状況に陥らないためにも借入金の支払いは決められた期日を守るということを心に留めておくことが大事です。